2015年8月3日月曜日

WOT 日記 8-3

よっす!

いやー面白いWOT。

E75に乗ってからこっち重戦車の楽しさを体験しまくってます。

この写真は最終砲ではないけど・・・

最終砲は128mm。ヤクトティーガーの砲。

この間、オットー・カリウスがヤクトティーガーで壁越しにM4シャーマンを撃破

した逸話を、やれました。相手は米軽戦車ウォーカーブルドッグだったけど。

今まで乗ってた戦車は好きな部分と同じ位嫌いな部分も多かった。

だけどE75は嫌いな部分より好きな箇所の方が物凄く多い。

砲威力、機動性、そして重装甲。

貫通力の高い米重戦車や、上クラスのドイツ戦車の150mmクラスの砲さえも

弾く。(使い方次第だが)

英軍センチュリオンや陸自61式、レオパルト1なんかに集中砲火を浴びても
全然余裕でシャワー浴びてるくらいな感じ。


実質レオパルト1は上位車種だが、このゲームにおいてはAPFSDS


が使用不可になっている(使用可能になったら貫通力400mmくらいあるのでゲームが破綻する)
ので全然怖くない。
実質レオパルト1に撃破された事は一度も無い。

そこで出会ったら怖い敵を紹介しましょう。
 同格だけど、ドイツの重駆逐戦車は硬い。攻撃力も強い。
ヤクトティーガーです。史実と違い、150mmクラスの砲を持つのでやっかい。
エレファント/フェルディナントもそうですけど本当に硬い。


でそれを超える独駆逐戦車がヤクトパンツァーE100です。エレファント・ヤクトティーガーの
ドクトリンの最終進化系。くっそ強い。
孤立していたら脅威度は減るけど、編隊で来られるとこちらにE100やMausがいても怖い。
なんだこの砲は。電柱じゃないか。

そして、装甲を犠牲にしたヴァッフェントレーガーシリーズも俺は怖い。

紙装甲なのでボコスカやれるけれど、こいつらの一発は深刻な重さなので、
いくらこちらが重装甲でもやられる可能性が非常に高い。
こいつとは撃ち合っちゃダメ。
戦闘室がオープンなので、自走砲に任せておきたい奴No1ですね。

中戦車は正直強いけど、私は孤立運用しないので、そこまで脅威とは思っていない。
火力は重戦車より一級下なので、オートローダーでもなければ大した事は無い。

だがしかし
冒頭で紹介したこのウォーカーブルドックや・・・
フランスの軽戦車AMX-13 90は軽戦車のクセに

火力がまぁまぁ有るので、上の重駆逐戦車と同じくらい、
こいつらに背後を取られるのが怖い。

機動力を活かして抜きやすい背面装甲を撃って速攻で退避するんすよ。こいつら。

でこちらはすばしっこい相手に当てるのも一苦労だし、当たらなかったらこちらは
大口径砲なので装填に時間が掛かるという・・・
その隙にまた撃たれるという・・・

でもいつかの対戦で敵のAMX-13が高速偵察中に
知らないうちに私の履帯に巻き込まれて自爆してました(笑)。

多分、超接近して、私の砲の俯角が届かない位置からバンバン撃とうしていたはず。
気付かずに方向転換し、何か轢いたなと思ったらそいつだった。(笑)
もちろんこちらはノーダメージで・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿