2013年5月21日火曜日

Mk11 mod0 基礎工作終了

こんちはっ!!

久しぶりに火曜休みです~♪

製作中のMk11の基礎工作&素の色塗装が終わりました(*^^)v


この後にカモフラージュを施して、
部分的に黒肌を見せたり、さらに金属肌を見せたりしてリアリティを高めます。

SR-25用RASの特徴でもある、
ハンドガードの天面先の切欠きも再現しています。

トイズシティの製品では再現されていないバレル本体やガス導入管等が見える所なので、
今回のカスタムが効果的でした(*^^)v

装備は画像のハリス製ショートバイポッドとレーザーデバイス、オフセットしたマイクロT1の
予定。ナイツのフリップアップアイアンサイトを付けるかどうか・です。

AR系狙撃銃の格好良さって、個人的に思うのはドッシリと低く身構えたブルドッグの様なイメージに有ると思ってます。

今回はまずまずでしょーか。
言わずもがな・シューティングポーズの際、ライフルには予期せぬ力が加わりますので、
強度の有る接着を!という事で、ストックには3mmプラ棒を入れています。
そのせいでハンドルは引けませんが・・・
タミヤセメント(6歳から色々試しましたが、
このシンナーの香りがどのメーカーよりも良いんだョげへへ)
を接着面の両方にやや多めに塗布し、数分置きます。

接着面の樹脂表面が接着剤にヤラれるのを待ってから圧着すると、一体化する様に
接着出来ます。強度も最強です。ただし乾燥に三日掛かりますので
今日は何もしません!!乾燥が不十分な状態で塗装などやってしまうとアカン事に。
放置です。大人として焦りは禁物です。

久々に植毛でもやろうかしら。
今の所、MARSOC関連での完全新作の予定は未定なのですが第一希望は、「ANAコマンド」
そう、アフガン国軍のエリート部隊です。タスクフォースには必要でしょう!

植毛作業ですが、髪・髭共に人種によって生え方が全然違います。
毛の質も色も違うし、再現には徹底した観察力が必要です。
日本人だと九州系とか東北系とかそんなものは有りませんが、
ユナイテッドステイツはユナイテッドなので様々な人種や移民がいます。

近年レベルが格段にアップした顔と、リアルに施した植毛、
改造素体を含めて、こと人体のリアリティを追及するとリアルになります。
フィギュアに求めるヒーロー像によって、体型も格好良くするのと同時に
装備との相性も考慮しつつ可動域に注意する。

私の少し不思議(SF)な友人のguri氏が私のフォーラムデビュー作のゆるパーマsealを
見たときに、「こういうペッタンコの植毛が向こうの人っぽい」と言いました。

そこに気付いて欲しかったのです。猫っ毛を如何に再現するか試行錯誤したのが
アレでした。嬉しかったなぁ~流石guri氏。SFだけど。

アイリッシュ、スコティッシュ、ヒスパニックのスペイン系イタリア系、
ロシアンコーカシアン、ゲルマン、アフリカン
再現すると面白いです。今赤毛のファーを探しています。

アフガンは・・・眉毛繋げるとリアルかも(笑)初眉毛植毛かな。元の顔はイケメンが多いです。
ANAコマンドの次は空軍ですかね。
今日はなにもしませーんzzz

0 件のコメント:

コメントを投稿