2014年1月31日金曜日

CAG project2 JPCの着た感じがムズイのを打破してみる。

の前に、

SSの新プロダクトが発表されましたね。
SS初のAOR2ですね。
AOR1のNJPCがメインギア。
SSのJPCは、見た感じ大きそう。サイズはDAMの方が良さそうです。

この前製作したLV-MBAVはDAMのJPCを参考にサイズ決めしています。
DAMでも一回り大きく感じたので小さくしたのですが・・・

で今回使用するのはDAMのJPCです。
違和感を感じた部分は肩でした。

肩パーツの取り付け角度が広がり気味なので、収まりが悪く、また長めなので浮く。
一から肩パーツを製作するのはめんどいので
一度取り外してから、パネルに差込み、角度と長さを決めてからステッチで縫いとめました。

以下スマフォ撮影でサーセン


 理想はこのバランスでした。
ステッチを打ち直した所。穴のディテールは実物通りでは無くなりますが、
妙なシワも入る事無く着せられました。
ディテールはショウガナイっす。だってめんどいんだもん。



後姿もイメージ通り。
 waiさんのjacketに合わせた所です。
私のデルタ計画で最もやりたかった事です。SnugpakのElite Soft Shellを選んでいますが
イギリスのブランドだし、よく絡むSASぽくて良いかなと思っています。
靴は陸軍が大好きなDannerのコンバットハイカーの後継機、ベルヴィルの950MCBです。
靴とかポーチとかで現用特殊も幾分印象が違って見えるのが不思議~。

そいでは・・・・・・・・・・!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿