2014年1月27日月曜日

CAG project Start!!

Activeなイメージ。インテリジェンス。目が据わってるCAGを作るよ!

お茶の間撮影でサーセン。2012年頃のシリアをイメージ。
トップスは前回のwaiさんコラボ作で使用した民生品のジャケットを使用します。
waiさんのジャケットは前回コンパクトにしたので、今回もそれに合わせて
SS2.5素体を使用します。腕部をこれより5mmは短くしないとアカンな。
細身の2.5素体に合わせて、ヘッドは前回デルタで使用した物。
エアフレームとの相性を考えると顔がもう少し大きい方が理想のバランスになるのかな、
と試行錯誤してみたけれども、素体とエアフレームとの難しいバランスでこれに決めました。
ライフルはHk416にマグプルUBRを合わせた物。
角度付きの樹脂グラブはDAM製でSSよりも大き目なのはどうかなと思うのですが、
ごつくて私は嫌いじゃないです。メカニクスのデザインも良いし、採用です。
左手はマグプルAFGを握らせるのに良いポージングをしておる・・・(*^^)v
後ろに見えているのは宮崎マンゴーラングドシャだよ美味しいよ!


さぁ、メットのカラーは何にしようか。
チンストラップ(H-NAPE)をベージュに交換して、サンドにするのも、後々DAMから出るし、
せっかくなので、黒をベースカラーにした現地迷彩にするのが良いかなと思ってます。

素体自体は改造箇所は非常に少な目。首の基部(胴体軟質カバー内部)のボールジョイントに
瞬間接着剤を流して、固まらない様に動かし続けて関節を固くしました。
肩は、可動域が軟質の胴のおかげで何もしなくても良好。
S2素体の張り出し肩も無くなって良い感じ。
胴体も多少延長されましたが(拡大?)まだまだ胴短足長なので、楕円形に切ったスポンジを
腹と腰の関節にそれぞれ噛まして6mm程延長しました。
元々、私はこれをやっていたのですがSSのBenさんはゴムリングで行っていましたね。
私も真似してみたのですが、私はやはりこっちかなぁと。
スポンジがバネで挟み込んだ時に摩擦力が出て、ポーズ固定力が有って良いんですよね。

問題は下半身です。何もしない状態で着せ付けたら、ガリガリ!!!!!!!!!!!
腰、尻太もも裏、表、両サイドにスポンジでボリュームをアップしてシルエットを改善しました。


お尻から太もも裏にかけてのシルエットはMk-1を真似て貼る&カットすると
良い感じだと思います。
貼ってハサミで整形して行くスポンジワークは絶対に欠かせません。

パンツのサイズが大き目なので、足の長さは弄っていませんが、
胴を多少延長したのでバランスは悪くないかな、と思ってます。
素体も段々と手がかからなくなってきました。
寂しい様な嬉しい様な。

そいでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿