2013年2月26日火曜日

FBI(2)

さてSSの新製品FBI CIRGについて調べますか。。

CIRG(Critical Incident Response Group)

93年に起きた激ヤバカルト教団立て篭もり事件、ブランチ・ダビディアン事件。
以前にも銃について調べていた時に知り
自動小銃やRPG等をたんまり貯め込んでた事でも有名な事件ですが、
50日以上の立て篭もりの末、ATF(火器・タバコ取締局)からFBIへ事件が引き継ぎ
FBIの特殊部隊 HRT が突入を敢行。
フラッシュバンが元で火災が起き、80人以上が死亡。結論は失敗・・・だとか
実はブランチ側が火を持っていたとかでアヤフヤですが、事実上の失敗でした。
長官にも不手際が有ったとかでクビ。
そしてFBI及びHRTと他機関との連携が全くうまくいってなかった様で反省。
(こういう逸話はどこの部隊にもありますわな)

後日、HRTと所轄SWATを統括する組織として設立されたのがCIRGなんですって。
HRT外の上部組織になるのかなぁ・・・
例えばHRTからのJSOC的な立ち位置??まぁ謎は多いですが、FBI側の組織であり、HRTと
同時に動く部隊を持っているという事になりますね。他機関を含む作戦を運行できるので、
権限が強い。HRTにもSWATと、それよりさらに高度な訓練を受けた部隊が存在し、それらは
デルタ等JSOCとも訓練していますので、実力はかなりの物だと思われますが、
CIRG。一癖ありそうですね。

使用火器ですが、謎だらけ。(HRTもですけど)M4、HK416、M1911ビューローモデル、
SIG P226。MP5、P90,
おそらくP90はMP7に代わっているのではという私の予想。カスタムガバメントかP226を
サブで使っているかと思われます。

さてフィギュアですが、私はMP7を想定したコーデで考えてます。

最近の米特フィグ箱は本当に格好良いですね!MARSOCといい、SSのDEVGRUだったり、レンジャーだったり。
ただし、実物フォトを見て、あこがれてこんなの作りたいっていう思いが何時も湧いてきますし、
SOCOMユニット内でアイテムが重複してくれるので、それらの商品を使って、あれ作りたい!!とか
材料として製品を使う場合が多い。
今回のFBI CIRGは久しぶりにそういった枠外からの部隊のモデルアップ化だったわけで、
何時もと違うアプローチで取り組めそうで新鮮です。超楽しみです!!(*^^)v

・・・えっとHK416はデルタで使いまーす。M1911はMARSOCで使いました~テヘぺロ

0 件のコメント:

コメントを投稿