2013年10月30日水曜日

メット作り込む

OSWでコメント頂いて嬉しかったのが
あらゆる作業でエクセレント・・・で。だったっけ?俺、まだまだっすよ・・・
スタイリングの考案・実現・・・やりながら変更・考案、
人間のライフライク化作業、
各装備の作り込み、
エイジング加工
それごとに集中して、完成度を
上げるべく頑張ってます。

そんな中で好きなのがメットを作る!です。
現用米軍、カバー付きメットの一般兵も良いですが、
塗装、アクセサリー、それらの付け方にも色んな手法が有る特殊部隊は
このアイテムは中々頑張っちゃう所です。

アイデアソースはこれ。
 で、こまいメッシュ単色塗装。
DAMの3色迷彩mich2001の上からオリーブドラブを吹いただけ。
ノロトスのシュラウドは地の塗装をカスレダメージを入れてから同じメッシュカモ。
アームはそのままを大好きなウェザリングマスターの「オイル」を使用。
 勿論、サイズ感が意味不明なチンストラップはキッチリ縫い直し。
 コンツアーはちょっとまだ汚してないですが、ベルクロ留めとしました。
メッシュカモもよくぶつかりそうな所(特に縁とか)は1000番位のサンドペーパーで
傷みたいに塗装落しています。その部分だけサンドカラーが覗く様なイメージで。
 さて日曜からメットを作り込んでいるのですが、今日の20分で頑張ったのは
ヘルメットライトMPLS。ヘルメットの縁用挟み込みアダプタを作ってみました。

実物(真ん中写真の左端)
 付けたとこ。


実物(右の人)

付けた時に黒いちっさいのがピコンて見えるのがポイント。
SSの空軍に付属のMPLSのモール用アダプタ裏面を、爪切ってフラットにし、
U字型に整形したヘルメットリム挟み込みパーツと、
アダプタ裏面に設けたパーツ用のダボ穴を接着する・という作業でした。
アダプタ自体が薄くて、ドUPで見るとダボ穴がいびつな感じ(-_-;)
写真って恐い。ま・まぁ・・・真下から見てもさらに普通に見ても判んないから良し!OK!寝る!
ウソちょっとリぺして綺麗にします。

先の投稿のラジコン戦闘機ですが・・・
機種の選定も素晴らしいですね~F-18スーパーも複座のF型だし!単座も勿論格好良いんだけど
スーパーになったホーネットなら複座似合うんだなぁ。。
F-104も実物もそうですけど、まぁ良くあんなちっさい羽で揚力得られるもんだと不思議です。
F-15ジャパンもエンジンノズルの感じが素晴らしいです。
F/A-18Fに合わせて、デカい漁船を空母にしてですね、着艦フックでワイヤー着艦でしょ。
ブラストディフレクターを上げてスチームカタパルトで発艦でしょ・・・
そうだなぁ私やるなら重心が後ろ目のダブルデルタ翼系のタイフーンとかグリペンとか
着陸が比較的楽そうだなぁ。。フラップも効きそうだし・・・
出来れば可変ノズルを再現してもらってですね・・・是非ハリアーを!!垂直離陸で!!
夢は広がるねぇ~(^o^)アホ

0 件のコメント:

コメントを投稿