2013年9月15日日曜日

MARSOC SR-25 詳細 と 衝撃ミリフォト新画像

おざぁーす!
わが社の標準挨拶①おざぁーす(朝)②うぉいっす(同期間、部下)
③お疲れ様です(全般)④あざぁーす(した)(全般)
③は一般的に目上の方には使っちゃいけない言葉とされていますが、
割と周りの会社も多用しており、私もあまり違和感無く使っていますが・・
中小企業なんてそんなもんです。
え~先日フォーラムにUPした狙撃手の詳細説明です。。

ⅠのシュアファイアHL-1 GEN2。これまでOPS-COREのARC用汎用アダプタWing-Locを
使用している物だと思っていたんですけど・・

最新はマウントが汎用・・な仕様になっているのかな?
マウント裏面にレールアダプタが付いている物と
勝手に解釈。
SSのFASTに付属の20mmレール変換アダプタの
ピカティニ面をDAMのHL-1のマウントの曲面に
沿う様に削って接着する、超お手軽カスタム♪
メットのパイルテープはMARSOCの緑ヘルメットで良く見る黒。
OPS-CORE純正カットでは無く、ローカルカスタム風に貼ってみました。
ⅡはPTTの置き場所です。TEAのEスイッチがデカくて困り。
リグのサスペンダーにモールループが無くて焦り。
チョイスしたリグ・EAGLE社のUniversal Chest Rigですがサスが低反発~な感じの
クッション素材を縫い込んでいる様で厚みがあります。ので布ゴムバンドを付けまして、
そこにPTTのクリップを挟んでます。実物だとそんな事しなくても良いけどフィグだとね(-_-;)

Ⅲ・・いてまえ打線で使用したEAGLEのNEW MAP。右サイドにはPRC-152を(実物はもっと
ラジオが見えるはずなんだが)。左サイドにはキャンティーンを入れています。
キャンティーンも入れて見るとスッポリ収納(^_^;)。ZIPも閉まる(-_-;)。蓋、出したいんすけど。
なのでポケットの底にスポンジを入れて、キャンティーンの蓋が見える様にしています。
実物のバックパックには、ソース社のハイドレーションが付くはずなんですけど、何故か
ZY TOYSの製品では仕様自体オミットされてます。メインコンポーメント側面のループ
裏側に、ハイドレーションチューブを通す穴を開け仕様を追加しました。
Ⅳ・・スモークグレネードは、海兵隊ご用達のスペクターギア社製SAWポーチのモールに付け。
グレネードのレバーをループに通した後、ゴムバンドで押さえてます。そうする事で取れません。
これは実際もやってますね。ポーチ内部には他グレネード類をゴロゴロ。

Ⅴ・・EAGLE社のUniversal Chest Rig本体です。ライフルマグポーチ×4、ハンドガンマグポーチ×4
モジュラースペースという構成です。5.56mmSTANAG規格マガジンだと各ポーチ2本づつ、計8本入るんですけど、7.62mm弾マガジンだと、比較的小型のM14用マグでも
各ポーチ1本しか入らないみたいです。当然SR-25用も1本しか入りません。計4本です(-"-)
フィグは無理しないでも2本づつ入ります(笑)でもそんな実際とかけ離れた様な事はマニアとしては
絶対に嫌っ。超嫌。俺だけ??なので
モジュラースペースに付けたSAWポーチに4本入れました。このポーチ実際だと超重いぜ(笑)。
フラップで見えないのですが、ちゃんとグロック用マガジンを4本収納!!このフィギュアに
貴重なグロック用マグを全部使いました。

以上、未説明カスタム構想でした。お題目2の衝撃ミリフォトですが・・MARSOCなんですけど

 女子!
こっちはMARPATを着用。WoodLand着ている奴は良い機械持ってねーか~??
やっと出ました、本物のMARSOCのCST(Cultural Support Team)です~。
もう1方の陸軍っぽいのは出回っているんですけどね。作ってみても良いかもね。
 
他新画像もUPします。




 左の人は前も出てたけど、この二人からは「笑い」のオーラを強く感じます。
多分すっげー面白いコンビだと思います。

そして最近MARSOCが履きまくってるパンツがこれだと判明。これのWL柄。
 
またまたCRYEのDrifire Utility Combat Pantsというそうな。
大腿正面のマチ付きカーゴポケットと、アウターニーパッド無しのカッティングがポイント。
つ、作ろうかな・・・・♥
そいでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿