2013年3月22日金曜日

NATO系 ファイターをただ挙げる。

おばんもおばんです。。おはようございます?

6歳にして初プラモで選んだ機種が一式戦 隼だった私。

何故だ・・父が作ってくれたF-15Jがビッグバンだっただろうが・・・

尖がってるジェット機に憧れるのがガキだと思うんですけど、
実際、サンダーバードも3号が一番好きだったし
ウルトラホーク1号なんて今見ても垂涎っすよ。

ヒストリーチャンネルのドッグファイトって番組を昨日観てて。
P-47サンダーボルト編だったんですけど、

あるルーキーがドイツのフォッケウルフfw190の編隊に襲撃されちゃうんですね。
後ろ上方からの一斉射を尾翼からコックピット周辺まで浴びてしまい、
負傷し、エンジンも炎上→きりもみスピン状態から脱出しようと試みるも
キャノピーが変形して開かないんですね。

私だったらその時点でちびりつつのアーメン言います。
それから脱出を諦めて、何とか鎮火しコントロールを取り戻す。

その時独軍のエースにケツに付かれて再び斉射を受ける。が落ちない。
敵エースが横に並んで敬礼し、これからトドメを差すと合図をし、さらに
斉射を加えた。絶体絶命満身創痍!!でも落ちなかった(笑)
再び敵エースが横付けし、全弾撃ち込んだけど全然アカン、
その機すげーよ!のポーズの後、敬礼し帰投。

そのルーキーは無事基地へ。P-47すげぇー!!ってなった訳ですが
感動したのが敵同士とのコクピット越しのドラマ。
レシプロ機ならではの物語。心が震えます。
ちなみにその後P-47はメッサーシュミットBf109には撃墜されています。
プロペラ軸に仕込まれた大口径機関砲にはさすがの重装甲も無理でした。

今、もはやHUDすらないコクピットでメットのバイザーに映し出されたレティクルを確認、
レーダーで捕捉し、AIM発射終了ー!!ドカーン。しかも複数捕捉同時攻撃ボーン!!
えらいこっちゃ(T_T)
でもね、ちゃんと格好良いんだよ、ジェットもね。今日はお気に入りの写真を。
大好きJAS-39グリペン。
上の写真は爆装・・だよねこれ。でっけー。機体が華奢だからか。
スウェーデンはサーブが独自開発した優等生。カナードの尖がりが気持ちいい(変態)。
この国は戦車も独創的な物ありますけど、開発がめっちゃんこムズムズな戦闘機を頑張ったら作れる技術は魔法じみてる。同国は山の中に格納庫が有り、通ってる高速を封鎖してトンネルから
発進!!リアルサンダーバードな都市伝説が、このグリペンの先々代から有ります。
それは無いって今は言われてる(笑)

 

EF-2000タイフーン。私の記憶では自衛隊のFSX計画(F-2採用プログラム)と
YF-22/23の競合開発からF-22になるまでのプログラムと同じ位、長々と
それはもう長々と長い事ユーロで共同開発されていた機体。
じっくり3か国のスパイスで煮込んで有るはずなので、きっとベターな機に違いないでしょう。
見よこのペイロード!!出力重量比良好!ハイパワー双発なのにスリムで美しい
超マルチロールファイター。F-2がアホみたい。
前回のユーロ共同開発祭り作品トーネードよさらば。

ヨーロッパのトレンドは開発時、前方カナード翼と三角形の主翼を持つダブルデルタでした。
過去のトーネードの時のトレンドは可変翼(笑)

で、開発に途中まで参加していたけど何かちょっとワガママ言ってハブられたフランスの
パリコレダブデルがこれ
有名な超三角形のミラージュを作ったダッソー社のラファール。
上記2機種に比べお転婆な所があるらしい。正面からみるとひし形の機体で
タイフーンより私はこちらがエスプリが効いてて好き。

だけど世界で最も先行ってしまうパワハラな国のインチキ最恐機がこれっすよね


ご存知F-22Aラプター。最後の写真はコブラ機動中。実は人型に変形するとか、
トランスフ○ーマー方面とマ○ロス方面から噂が有り。
ステルス機なので兵装は内蔵します。ウェポンベイが開いてるのが真ん中。
この中にちっさいF-22を入れてそのウェポンベイにちっさいF-22を入れてっていう
マトリョーシカ的な運用は出来ないのだろうか。
F/A-18Eスーパーホーネット。F-14がまだ甲板に居た頃はもやしっ子感が否めない
F/A-18でしたが、トム・クルーズ・・・じゃなくてトムキャットが退役するや華麗に進化。
サイズを大きくしハードポイントの増えた主翼。パワーの上がったエンジンとモヤシっ子
の象徴だったまん丸吸気口が四角くなってスーパーに。

私の中ではこれは大事件でした。そしてこれも大事件でした。

F-16が宍戸譲化。ショック過ぎて寝込みました。改良プランブロック60。コンフォーマルタンク
が付いたので航続距離伸びる。
F-16E/F型でござる。見慣れると意外にアリなんですこれが。そしてF-16は実は結構見飽きてた
のだと気付かされた。米軍は使う気無いらしいです。コンサバティヴねっ!!

斬新すぎる・・・F-2がバカみたい・・・なにがFSXだっ!試験機にトリコロールに塗りやがって~!!
長年待たせた割に質実剛健じゃねーか!!横から見ると大体F-16じゃねーか!!
どうせなら三菱製なら暗緑色(三菱グリーン)にしなさい。2式戦乙型とか言いなさい。
それじゃ中島か!

さて皆様は我が国でもステルス軍用機が開発中なのをご存知ですか。
戦闘機では無いとの予測も有り。が!!どう見ても戦闘機のレイアウトなんですよね。
モックアップが完成中。
名前を「心神」と言います。
トリコロールの模型(笑)トリコロール=未来?



中々、素敵なデザインだと思います。どこか少し日本車っぽいのは何故・・・?
お国柄・がしっかりと有るんでしょうね。
ただしスウェーデンのSAABみたいにいきなり凄いの実用化させちゃうなんて事は
無いでしょうね。

ステルス機を作ってるよ!って今は色んな国が言ってますし。
余りにショゲカスなイランのウンチャラ~って機をミリブロNEWSで拝見しましたが、
絶対嘘です。飛んでる動画が有るので、飛べるんでしょうね(笑)

心神が人型に変形しますように。それでは。








0 件のコメント:

コメントを投稿