2016年1月18日月曜日

Vカラー

昨日UPしたMARSOCの首パーツです。

通常のHOTの首パーツと、首一体型ヘッド用の半球型のアタッチメントを2個一にして

首の可動範囲を広げているのですが、(サイドの切欠きは以前カスタムした際に肩パーツが
干渉するため削った)

半球パーツとHOT首パーツの色差が大層ありまして、塗装する事にしました。

コンシャツだと襟元が開き、目立つので。

で、これら素体関連の素材はPVCが多いので、通常ABS等で使用する、アクリル塗料/
エナメル等は使用するシンナーがPVCの可塑剤に反応し、ベタベタになるばかりか、
塗膜上にも染みの様な暗黒物質が現れたり、そもそも塗料が乗りにくい等、
塗装が困難、いや無理です。

可塑剤との戦いになるのですが、ある程度素体の材料には軟性が無いと、破損しやすく
なりますので、これは必要なんですね。

尚、ラッカー系は中にはイケるものも有りますが、べたつく物もあります。ので!

ソフビPVC専用塗料 Vカラー を使用しました。

専用シンナーから揃える事など少々おっくうなのですが、素晴らしい塗膜の強さ。
干渉する事の多い、素体パーツの塗装にはバッチリですね。
関節などでもいけるんじゃないでしょうか。
有る程度希釈しても非常に乾燥が早いので、筆塗だとムラになりがちですが、
今回私筆塗ですがそこまで気にならない程度に抑えることが出来ました。

今回はVカラーのフレッシュ(肌色)にこげ茶色を作って少々混ぜ、
塗布して艶消しクリアで軽くコートしています。しっかりコートすると
ラッカーシンナーが浸透して恐ろしい事になりそうなのでかるーくです。
元々塗膜が強すぎなので心配不要です。

Vカラーは色数が少ないのが玉に傷ですが、素晴らしい性能です。
僕らの様な12inchユーザーには不可欠な塗料ではないかと思います。

発色もしっとりとした感じでHOTの純正彩色みたい。最高なのでおススメです♪


0 件のコメント:

コメントを投稿