2015年12月24日木曜日

久しぶりにフィギュアをいじりました♡

ありえない2ショットなのですが(笑)

今の私の守備範囲の両極端に位置するジャンルの2体です。

まず、ベトナムの方は勿論SEALsです。

後日しっかりとしたフォルムを収めてご紹介出来ればと思うのですが、
今回でバッシュ3回目となります。主な改造点は以下の通り。
一目で判る通り、当時SEAL隊員が作らせたSEALベストの一つ、
40mmグレネードを大量に(18発)携行できるベストを装着してみました。

ピストルベルトは相変わらずデイヴィス バックルですが、M1967装備は
フルセットでは無く部分的での仕様が多かった訳ですから、
H型サスペンダーを取り外した状態でSEALベストと合わせた
典型的なSEALグレネーダーとなっております。
また、このフィギュアを作成中に、珍しく脳内に戦闘場面の構図が思い浮かび、
ようやく力を入れて情景を作る事が出来るかも知れません。
また新たなSEALを作成する予定では御座いますが、
その為の装備も揃えている状況です。
次はSEALベストですよ。やはりナム戦のSEALといえばこのアイテムで組みたく
なるものです。


その他の改造点としては、上衣が古いトイソルジャー製で色目が良いのですが、
如何せんサイズがドラゴン製品と変わらない小さいサイズで有った為、
どうしても短くなってしまう着丈を5mm程、長く縫い直しています。
以前よりは段違いに良く見えるようになりましたが、欲を言えばもう3mmほど
伸ばしたい所です。縫い代の限界でした。


次にMARSOCの方ですが、使用していたヘッドになにやら、アイウェアからの移染が生じて
おり、塩ビ(PVC)製のヘッドの塗装に完全に色素沈着している状況でした。
アクリルシンナーはPVCを浸食するので、(可塑剤が抜けるかベタベタする)
ラッカ―系でチャレンジしましたが当然塗装が落ちる訳で。。リぺする気力も無かったもの
ですから、ヘッドをチェンジしました。

過去私の作例に幾度と登場した記念すべきフォーラムデビュー作品
ジェイク・ギレンホールヘッドです。
このヘッドはやはり格好良い。目線が素敵なんでお気に入りなのですが、
これは元々、HOT TOYSのマスキュラー素体に附属の物であり、太い首に会う様に
首の穴やサイドから見た首の切欠きが大き目となっております。
また、設計ミスだとは思いますが、首のボールジョイントの受けがかなり奥まった
位置にあり、普通に使用すると首がかなり埋まって見えます。


それに何故か気が付かずそのまま使用なさっている作例も多く見かけますが
ちゃんとしてあげるとこのヘッドは輝くのです。
今回は通常通りの接続方法で首を付け、改造したのは首パーツです。

装備のかさ高にも合わせて首を4mmほど延長し、バランスを煮詰めました。
実はMARSOCの方も新作が進み始めており、こちらもご期待頂ければと思います。

最後に久しぶりにフィギュアを触りたくなったのは言うまでも無く
MFEでの皆様の素晴らしい作品に刺激を受けたこともあり、
心から大切な仲間と触れ合えた事。
また、近頃になってですが1/1装備マニア・エアソフターで活躍されている方々との
交流が有り難い事に増えた事。ミリタリーが好きな人々との交流を介して
私もこうしちゃいられない!と。楽しいことをしよう!!と思ったのです。
日頃からこんな生意気な私にお付き合い頂いている方々に心より感謝いたします。
今の私は素敵過ぎる多くの仲間と支えてくれる妻が有って、勿体ないと日々感謝の念に
尽きません。ありがとうございます。これからも不肖nashewを宜しくお願い申し上げます。





0 件のコメント:

コメントを投稿