2013年12月21日土曜日

COMTAC ARCマウントへ変更しました。




ずっとやりたかったよ。あーようやく出来た。BHに間に合って良かった♪


 この人を参考に、両イヤマフを繋ぐケーブルを、FASTメットカバーの下に通しています。
NVGアーム・Wilcox L4G24を付けたままの人が凄く多く感じるので、
私も4体中3体はアームだけ付けています。
 SoldierStory製のARCマウントはこのスイング機構はオミットされていました。残念。
コムタックは華奢なので、無い方が破損しなくて良かったか。
 正直、コムタックのマイクブームとイヤマフは様々な色やデザイン(微々たる違い)物が
混在していて、
何が何やら・・・コムXP自体は高級品ですが、様々な特殊で使用されている様です。
コムⅡと比べて、イヤマフのジェルパッドが薄くて、着用するとすっきりと見栄えが良いです。
今回はSSの物をそのまま使用しました。

PTTはこの画像を見てもわかるようにネクサスU94とコムタックの組み合わせが多いです。
私も前回のTEA EスイッチからU94に変更。
前回の様にシャーシスの脇パネルの位置だとUスイッチのボタンを誤送信しそうだったので、
胸パネルへ移動。MBITRラジオと繋ぐケーブルは肩を通しています。
U94を外せばシャーシスの着脱が簡単に出来る様意識してみました。

SSの物は耳に上手くフィットさせるには改造が必要だと思います。
少々細かい作業が続くのですが意外と簡単です。。。
イヤマフの針金をARCマウント内部で切断し、マウントにより深く差し込めるようにして
イヤマフの高さを調節。
差し込み式に変更した事により、針金部分が回転できる事でイヤマフを耳に近付ける事が
可能になります。って文章にしただけで判らんわ!!て感じ??
まぁノーマルだと装備させるのが困難な物も有ると思うパーツです。
ヘッドによっても違いが有るでしょうね。
上手く行って良かった。でもやはりコムは脆い。イヤマフ接続パーツが全金属になってくれたら
最高だなぁと思うのですが。今回も多少、破損事件が起こって心がパーツ同様折れそうに
なりましたが、出来ました。BHへ輸送中に壊れる可能性が高いと思います・・・(-_-;)コワ・・・・

そいでは!!

0 件のコメント:

コメントを投稿