2015年11月4日水曜日

いたずら好きは血統ですね。

私はいたずらっ子です。
根っからのです。
同い年のイトコも同じ位のいたずらっ子です。
二人揃うと、その地域がぐらつく程のいたずらをかましてやります。
幼少からありとあらゆる悪戯を働いてきました。

あれは、幼稚園の時・・・
お年寄りを集めて割高であろうオレンジジュースを売りつける為であろう
講習会の様な集いを発見し、2人で大声で「嘘だ!騙されるな!」
叫んでダッシュで逃げたり・・・・

以前、沖縄に繁華街がまだ多かった頃・・イトコの運転する車でワザと徐行運転し・・・
ピンクなお店の店先に立っているスチュワーデスコスプレ
(これがまた似合ってなかったんだワ)のお姉さんに

「すいません、那覇空港はどこですか?」
って困らせてダッシュで逃げたり。もうこの繁華街は無くなったんですけどね。

沖縄北部の名護市辺野古の
寂れた繁華街、アップルタウン。

これは昔のアメリカ統治時代の面影・古き良きアメリカ世の
異世界を楽しむ為に昼間訪れたんですが、
なんと一件だけ運営準備中のクラブが有って。

ドア半開きだったので恐る恐る覗いて見たら・ババァが厚塗り中で・・・・
「やめれ!無意味!!」って叫んでダッシュで逃げたり・・・

ハイビスカスを耳に挿している観光客のお姉さんに
「花に毛虫付いてますよ」って
嘘ついてダッシュで逃げたり・・・

まぁ、数え上げればキリが無いんですけど
これは血筋だと思うんです。

私達のひいおばぁーは私が4歳の頃に亡くなったのですが、
心の中ではひぃおばぁーの膝の上で揺り椅子に揺られながらひぃおばぁーが作った
僕の歌を聞かされて抱っこされてとても可愛がられた思い出がしっかり残っています。

そのひぃおばぁーはニワトリをつぶすのがとても上手かったらしく、首を落として血抜きする
前に、無首で走らせ、(ちょっとは首無しで走るんですって!!)
母親達を怖がらせていたそうな。
完璧イタズラ好きである。

祖父は祖父で、無口で飾りっ気なくそっけない男だったのだが、実はイタズラ好きであった
と思う。あまり笑わない人だったのだが、笑いの沸点が常人より高かったのでは無いか
と今では思う。

今では私も大分落ち着きましたが、皆さん、私に気を付けてね!!
特に飲み会(^O^)へっへっへ。

そいでは!


0 件のコメント:

コメントを投稿