2015年3月21日土曜日

CAG 2007 v2 Start.

Scottをモチーフに作って行きます。

ヘッドはこいつをベースにする事に決めました。

WOLFKINGってトコのhead sculpt製品なんですが、
大きさ的に使い易いのと、首付いてくるのはポイント高いです。

塗装はまずまず。肌色ちょっと変(全然使えなくないレベルで)

しかも私入手したのは目ん玉ちょっとはみ出してた。
(多いっすよね、2~3割でたまにありますよね)

製品の眉毛が真っ直ぐのデザインだったので、
判りやすく言うと、スター・トレックのスポックの眉毛だったので
アクリルガッシュでリペイントしました。

写真はアイフォンで撮ったのでもっと肌色変に見えますが、
頭丸め中。
ちょっと骨骨しい、口周りがごつごつしてる印象がスコットとは違いますが、
ズバリ眼力でチョイスしてみました。

さぁ、どこまで似せる事が出来るかな?

私の印象で兄=ほのぼの系で冷静なマシーン
弟=熱血系FURYアングリー野郎というキャラクター分けにしております。

最近は耳、もみあげ周り、生え際の細かいトコ
はサンドロールからダイヤモンドビットに変えて削っています。
サンドロールはソフビ素材削るのはめちゃくちゃ楽で早いんですけど、
径が太いので、もみあげ周りでたまに耳の上削っちゃうから
その予防です。

良い髪型を作るのは良い頭皮形状を作り上げる所から、超大事なんです。


リューターやる時はゴーグル着用!
摩擦熱を含んだ流れ削りカスが運悪く目に入った経験ある人いっぱい居るはず。
私も5回位ぎゃぁあってなってようやく買ったのですが、
リューターを高速回転にした時の凶悪なモーター音を聞きながらでも
安心して作業出来ますね。

まぁ、過去のトラウマで反応してシュっと避けるんですけどね。
今日も何個か飛んできた(笑)
フィグ作りも戦場です。では、出撃します。

0 件のコメント:

コメントを投稿