2014年3月18日火曜日

SAS project 5 NECK GAITER


カーキのネックゲイターを作りました。

ポリエステル丸出しの天竺をゲットしたので・・



どうです??大分SBSかSASぽくなったでしょう??もしくはJSOCのなにかしらか・・・・
東欧の・・・とかベルギーとか・・ぽくなったでしょう??
私、最近思うのです。米軍は確かにアイテムの開発に大きく携わり、近年の特殊部隊は
世界規模で米軍ちっくな見え方になりつつ有り、他国同士の協力関係、合同演習云々で
そうなって来るのもわかるのですが、メーカーがオーダー受けてとか、コピーしてとかも分るの
ですが
(米軍特殊内でも全然違う、ましてや他国なんて全然違うってのはマニアの観点で)
実は、これらの均一化された戦闘スタイルは各国の特殊部隊の成果の結晶で、
決して米軍だけの物では無いのではないか?という疑問が湧いているんですね。

ですので現用特殊部隊スタイルというのは、「米軍ポイ」とか強くは言えないな、と思ってます。
そして・・
一枚目の写真で気付いた方は鋭い!!
SORDINデュアル化しました~。

UKSFの資料がCAG以上に少ないので、ある程度それっぽくしたら後は勘です。
勘と言う名の「ミリタリーセンス」が物を言うっす。どーしよね。

6094ですが、SSネプチューンスピアAOR1版では縫い直して小さくしたのですが、
今回はやりたくありません。もうやりたくないんです。
縫い直すとなるとフロントパネル周りのタブがウザイんです。だからやりたくないんです。

着せ付けと装備構成だけで有る程度誤魔化す意気込みでありんす!!

ネプチューンスピア版に付属のカンガルーマグポーチを、ちゃんと3本入る様に改造。
(絶対エラーですよね~。皆さんそうみたいなのですが・ままだと2本しか入らない。変。)
ゴムカタン糸でバンジーコードを新造しました。
本当はタンカラーの・・・まぁ良いっすわ~
今日はそんなところで。

そいでは

0 件のコメント:

コメントを投稿