2013年12月13日金曜日

こまいこと

こんちは

昼休憩です。

先日出来上がった新作の中で、ファニーバッグをメディカルポーチとして使用する為の

現地で書いた十字マークを上手いこと出来ないかと色々試しました。

手書きの風合いを出そう、と「布に描ける」というマーカーを

手芸屋さんで購入していたので(ウェザ用に)当初それを使用して

慎重に描いていたのですが、仕上げ段階・ウェザリング作業中のコピックで

カラーレス・ブレンダーに ばちこん 反応し、ブワァーぁあぁぁぁあってボケちゃった挙句

広がったんですね。

タイダイ状態になったのをブレンダーの液で頑張って落とせる所まで落とし、

何とか許せる状態まで、リカバー出来たのは良いですが、

最初に使ったのがアルコール系マーカーだったのかと、反省。。。


そもそもマーカーだと、ペン先に浸透出来るインクなので布製品に描くと組織に
浸透して多少なりぼやける可能性が高い。
最初に使用した「布に描ける」マーカーは多少なり浸透力が少なく顔料が布組織の
上に乗る感じで良かったのです、が!

にしても多少ぼやけるのは良くない。1/6スケールで手書きで手書き風にすると
実物大にすると物凄い不器用な人が適当に描いた風になるんじゃ・・・と考えを
改めました。

マスキングテープで十字を出し、ラッカー系フラットブラックを吹いてみました。
やはり布製品にはフワッと霧を乗せた方が良くて、霧だと速乾だし滲みません。

これはその後にウェザリングを施してあります。
前に落としきれなかったインクが微妙に残ってたりするんですが、
経年劣化で滲んだ感を演出していたりするという・・・。

パーツを一個おじゃんにする所でした。危なかった!

血液型とかNKDAとか型紙作ろうかなと思いました。切り抜くのめんどくせー(笑)

さて、先の話で茶を濁そうと思います。デルタです。

たぶん以前もUPしたと思うのですが有名な写真です。
デルタ怖いんで、顔隠しましたが、可愛い目を載せてみました。
やばい、俺殺されるかも・・・笑
気になるのは右の人で、袖口に貼っているのはダクトテープか???とか、
胴に付いている赤いナイフはFLAGSETに入っていたな・とか。

左もトライカラーとマルチの組み合わせで、この間のSBSと同じ。
デルタと英特殊の繋がりを連想させますね。

以前から秘密裏に計画しているデルタですが(ちょくちょく漏れてる)

E&SからHk416Dシリーズがリリースされるので熱が高まってます。
このセットでうれしいのは上画像左の人のHk416で使用している
専用オフセットライトマウントが入っている事です。

1/6界、まだまだこれから熱くなるっすね!世界的に!

そいでは。

0 件のコメント:

コメントを投稿